中国・四国支部案内
中国・四国支部は1970年に設立され、中国・四国地区の、建築設備(空気調和・暖房・換気・給排水・その他の衛生設備)と環境工学の領域において、活動する学術団体です。

支部案内図 | 組織図 | 受賞報告 | 会員募集 | HPに関するお問合せ
 
■ 支部案内図

住所
〒730-0051
広島市中区大手町3-8-22
広島管工事会館内
 TEL082-244-1770
 FAX082-241-4735
交通
広島電鉄
「市役所前」 下車
徒歩3分

バス
「市役所前」 下車
徒歩3分

大きな地図で見る
 
■ 支部組織図(2019年6月現在)
 
組織図
委員名簿(PDF)

 
■ 受賞報告

振興賞
目的
本会は、空気調和・衛生工学と工業の振興と発展および新進の研究者・技術者を育成することを目的として、特に優秀な大学の学生、高校教育に携わるものの論・報文、会員の技術に関する業績に対して賞を贈って表彰する。

振興賞 技術振興賞
表彰を行う年の前々年の12月31日からさかのぼって前2年間に竣工した設備または施設の計画・設計・施工に関する業績、ならびに公表された以下の業積のうち、審査時に使用中の本会会員の業績で技術の振興と奨励にふさわしいと認められるもの
(1)調査・開発に関する技術 (2)装置・製品などの発明・考案 (3)施工技術 (4)その他

第33回(2018年)受賞
阿南市新庁舎
大規模吹抜け空間とソーラーボイドを有する環境共生建築の計画と性能検証
計画・設計・検証/株式会社日建設計
計画/阿南市
施工/株式会社朝日工業社大阪支社
検証/大阪大学 山中俊夫
検証/福井大学 桃井良尚
推薦文(要約)
   本業績は、老朽化した旧市庁舎の建替事業において、自然換気等の環境技術を盛り込みながら、防災拠点施設としての機能を強化し、エントランス中央部に設けた大規模吹抜け空間「あなんフォーラム」により市民が自然に集うパブリックスペースの創出を目指し計画された新市庁舎に関するものである。地上7階、延べ床面積20,704m²であり、2017年3月に竣工した。
   本業績の主たる評価点は、以下のとおりである。

1)大屋根への「エコルーフ」と屋根内側に県産木材を使用することで、断熱性・遮熱性に優れた断面構成となっている。屋根材一体型の太陽光パネルを搭載。
2)エコルーフ全体での自然採光による照明電力の削減。
3)高層棟に設置されたガラス製ソーラーボイドにより、建物全体で自然換気を実施し、自然換気有効時間は年間440h、換気回数は春期に約10回/hを達成。
4)執務室の空調は自然換気とシーリングファン、機械空調を組み合わせ、外気や負荷状況によりモード変更しエネルギー消費を低し、快適な環境形成に成功。
5)あなんフォーラムと低層階執務室では床吹出し空調を採用。
6)年間一次エネルギー消費量は585 MJ/(m²・年)で、標準的な庁舎建物の約50%となり、高い省エネルギー効果が認められている。
7)外気の予冷予熱用として駐車場躯体の周囲にサーマルトンネルを設け、冬季に34GJ/年、夏季に22GJ/年の熱負荷低減に寄与している。
8)低層棟での屋上緑化の実施や、全館LED照明の採用等の様々な取組みにより、CASBEE新築[簡易版]でSランクとなっている。

   本業績は、計画段階から産官学が一体となり市庁舎用途に適合した環境技術の形を追究し、運用後も詳細な実測やアンケート調査等により性能検証を実施している。ソーラーボイド、エコルーフ、シーリングファン等の各要素はいずれも建築意匠と融和しながら存在感を示し、市民や来場者に対し「見せる」環境技術として高く評価できる。

   よって、本業績は空気調和・衛生工学会振興賞技術振興賞に値するものと認める。


PDF推薦文

第33回(2018年)受賞
清水建設四国支店
〜中規模オフィスビルにおけるZEBへの取り組み〜
計画・設計・施工・監理/清水建設株式会社関西支店
施工/ダイダン株式会社四国店
機器開発/清水建設株式会社
検証/立命館大学 近本智行
推薦文(要約)
   業績は、自然エネルギーの利用と建築・設備一体設計による「eco・BCP」モデルビルの実現を目指して計画されたRC造4階建、延床面積2,488.62m²の中規模オフィスである。地域特有の自然エネルギーを最大限に活用している。また、これまでの省エネ技術に加えて、コスト低減のニーズに対応して既製品を組み合わせた潜熱・顕熱分離空調システムを採用し、大幅なエネルギー削減を実現している。さらには、民間企業の建物として、災害時の復旧拠点としての機能を有している。これにより、快適な省エネ建物と非常時の事業継続を両立する先進的な業績である
   本業績の主たる評価点は、以下のとおりである。

1)自然エネルギー利用を可能な限り建築・設備一体として計画している。
・東西南のガラス面と中央部のエコボイドを組み合わせた自然採光と通風利用。
・空調熱源に地中熱利HPを採用し、放射空調システムを採用。
これらにより、1次エネルギー消費量削減値60%以上の省エネルギー建物計画になっている。
2)窓の開閉タイミングを執務者に知らせる「自然換気有効表示灯」を設置し、執務者自らが窓開閉を行うことにより、空調停止による大幅な省エネルギーと、執務者に対する省エネ行動への啓発にも繋がっている。
3)オフィスの室内環境および省エネ性の検証を行い、中規模オフィスビルの「ZEB Ready」を実現している。また、省エネルギー委員会を設置し、BEMSデータの共有化に基づく目標値の設定が行われ、迅速なエネルギー管理体制が構築されている。
4)放射空調システムは、既製品コイルを利用したチルドビームを採用し、低コスト化や施工性の改善を行っている。
5)免震構造の採用や非常用発電設備の設置により、近隣住民の避難場所や同社の四国での災害拠点としての機能を有している。マンホールトイレ、かまどベンチなど、災害時の地域貢献が可能なBCP対応施設となっている。

   竣工後、継続的な省エネ改善の取り組みを行い、2017年度の年間一次エネルギー消費量原単位は、501MJ/(m²・年)(コンセント負荷含む)と「ZEB Ready」を達成している。また、四国の特産品を内装材などに使用し、地域伝統の建築材料の価値を再発見できるような創意工夫がなされた建物である。

   よって、本業績は空気調和・衛生工学会振興賞技術振興賞に値するものと認める。


PDF推薦文

第32回(2017年)受賞
新居浜市 あかがねミュージアム
〜人が集う文化施設における温熱環境と空気質の提案と評価〜
計画・設計・評価検証/株式会社 日建設計
計画・運用/新居浜市・あかがねミュージアム
施工/三井住友建設(株)、(株)一宮工務店、(株)白石工務店
評価検証/東京工業大学 鍵 直樹、工学院大学 柳 宇
心臓病センター榊原病院
推薦文(要約)
   本業績は、美術館を核に小劇場やギャラリー、創作工房、屋内外のステージのほか、地域の祭事で用いられる「太鼓台」の展示施設を備えた様々な表現活動を発信するミュージアムに関するもので、気候風土を活用した環境手法を採用し省エネルギーを図ると共に美術館の空気質に着目した設備計画を行い、その評価検証を行ったものである。
   本業績の主たる評価点は、以下のとおりである。

1) 石鎚山系の豊かな伏流水を井水として約400l/minで揚水し、展示室の放射冷暖房に夏季17℃の冷水として直接、冬季は井水HPチラーの熱源水としてそれぞれ利用した後、雑用水利用すると共に水景施設への供給を行っており、上水使用量の削減効果を確認している。
2) 太鼓台の展示施設下部の地下ピットを大規模なクールチューブ、ヒートチューブとして活用し、ギャラリーや創作工房系統の外調機の予冷・予熱を行っており、夏季、冬季最大で6.6W/m3程度の効果を得ている。
3) 温湿度や空気質の管理が特に重要な展示室、収蔵庫は、蒸気式加湿を採用すると共にプレフィルタ、高性能+化学吸着式フィルタを設け、外気由来の不純物のほか、躯体から発生するアルカリ成分、内装材や展示物から発生する有機酸の除去を行っている。
4) 空気質は、簡易測定が施工時から現在に至るまで継続され、詳細測定が竣工直後の1年間行われている。その結果、アンモニア濃度が二夏を経ずして推奨値以下に減衰していること、ガスや粒子、微生物等、多くの汚染物質が十分制御され、特に収蔵庫の清浄度が極めて高く維持されていることを確認している。

   さらに、躯体外部には本業績の意匠的な特徴でもある銅板や蛇篭が設けられ、二重外皮によって負荷の削減を行っている点、全館にLED照明を採用すると共に自然採光を積極的に取り入れている点など、空調・換気設備系統以外にも各種対策が施されている。その結果、きめ細やかな制御が必要な展示室や収蔵庫のエネルギー消費量は大きいものの、全体の年間一次エネルギー消費量原単位を1,200 MJ/m²と、省エネ対策が施された事務所ビルと同程度に抑制している。

   よって、本業績は空気調和・衛生工学会振興賞技術振興賞に値するものと認める。


PDF推薦文


過去の受賞(第31回)
受賞時期 業 績 名 称 受賞者(社)
第31回
(2016年)受賞
西条市庁舎における地域資源の有効活用についての効果
−水・風・光・木の活用−
計画・設計/株式会社 安井建築設計事務所
第31回
(2016年)受賞
サンスターホール(坂町立町民交流センター)
〜エコロジカルな防災拠点を目指した環境・設備計画〜
計画/株式会社 竹中工務店 大阪本店
設計/株式会社 竹中工務店 広島支店

振興賞 学生賞
表彰を行う年に卒業する学部学生のうち特に成績優秀の者で、本会に登録した大学の学科主任教授の推薦を受けた者
受賞時期 氏名 学校名
第33回
(2018年)受賞
岡田 顕三 岡山理科大学工学部建築学科
第33回
(2018年)受賞
川原 一樹 近畿大学工学部建築学科
第33回
(2018年)受賞
高西  慧 広島工業大学環境学部環境デザイン学科
第33回
(2018年)受賞
本田真智子 広島大学工学部 第四類建築学課程
第33回
(2018年)受賞
八木 真琴 山口大学工学部感性デザイン工学科

受賞時期 氏名 学校名
第32回
(2017年)受賞
黒川 貴英 岡山理科大学工学部建築学科
第32回
(2017年)受賞
橋本  嶺 近畿大学工学部建築学科
第32回
(2017年)受賞
吉本 宏司 広島工業大学環境学部環境デザイン学科
第32回
(2017年)受賞
西岡 宏一 広島工業大学工学部建築工学科
第32回
(2017年)受賞
田中 健太 広島大学工学部 第四類
第32回
(2017年)受賞
今村奈津子 山口大学工学部感性デザイン工学科

受賞時期 氏名 学校名
第31回
(2016年)受賞
花崎 正彬 岡山理科大学工学部建築学科
第31回
(2016年)受賞
平野 優大 近畿大学工学部建築学科
第31回
(2016年)受賞
東 ひかる 広島工業大学環境学部環境デザイン学科
第31回
(2016年)受賞
岡田 裕矢 広島工業大学工学部建築工学科
第31回
(2016年)受賞
河ア 啓太 広島大学工学部 第四類
第31回
(2016年)受賞
松田 祐貴 山口大学工学部感性デザイン工学科
 
■ 会員募集

空気調和・給排水衛生工学に関する、技術研究と実際への応用のための研究を行う学術団体です。
入会された会員の方には、次のような特典があります。

(1) 空気調和・衛生工学に関した最新の技術や、関連した諸問題の展望などを特集した学会誌"空気調和・衛生工学"が毎月配布されます。
(2) あなたの研究成果を会誌や論文集へ発表することが出来ます。また、年1回開催される学術講演会への発表も出来ますし、聴講もできます。
(3) 講習会やシンポジウム、見学会などの各種行事へ参加できます。
(4) "空気調和・衛生工学便覧"をはじめ、"規格" "空気調和・衛生用語辞典"その他各種資料、報告書などが会員特価でお求めになれます。
(5) 賛助会員になって頂ければ学会広告料の割引の特典があります。

入会を希望される方は本部『学会の概要。入会案内』ページへ