空気調和衛生工学会 中国四国支部
 このホームページは公益社団法人 空気調和・衛生工学会 中国・四国支部会員の技術向上、交流および一般の方への情報公開、会員募集を目的としたものです。大勢の方がご覧になり参加していただき、中国・四国地区における空気調和衛生工学の活性化につながれば幸いです。
大事なお知らせ
5月29日(金)に予定しておりました当支部の報告会につきましては、新型コロナウイルスの終息の見込みが立たないことから、感染拡大防止のため、中止することといたしました。
また、空気調和・衛生工学会では、日本建築学会とともに、「換気」をキーワードとした感染症制御における会長談話と、Q&Aを公開しております。
換気に対する正しい理解と設備の適切な運用の参考にしていただくとともに、感染拡大防止に向けて、みんなで取り組んで行きましょう。
2020年4月
中国・四国支部長  西名 大作
新型コロナウイルス感染症制御における「換気」に関して緊急会長談話
新型コロナウイルス感染症制御における「換気」に関して「換気」に関するQ&A

備中国分寺 五重塔
備中国分寺 五重塔
topics  
      
催し物・スケジュール 20/4/22 NEW
合格体験記 20/4/1 NEW
会員・賛助会員の紹介 20/4/1 NEW
スチューデントフォーラム 20/1/6
賛助会員コーナー 20/1/6
研究室紹介 20/1/6
地域の交流 20/1/6
見学会・セミナー等報告 19/10/8
中国・四国支部案内 19/7/1
支部報告会 19/7/1
賛助会員リスト 19/7/1

支部長就任にあたってのご挨拶
中国・四国支部長 西名 大作    このたび、中国・四国支部長を拝命いたしました広島大学の西名です。どうぞよろしくお願いいたします。さて、私が支部役員会の末席に名前を連ねるようになりまして、かれこれ30年近くが経とうかと存じます。その当時は私の恩師でもある広島大学の村川三郎先生が支部長で辣腕を振るっておられました。先生は5期10年支部長を務められ、その後、引き継がれた広島工業大学の篠原道正先生の任期も4期8年にわたりました。このお二人の先生方の献身的なご尽力によって、本支部の礎が築かれたと言いましても過言ではないかと存じます。
   一方、私が最初に支部長を拝命いたしましたのは2009年でした。名だたる先生方に比べ浅学菲才の私は、周りにご迷惑をおかけしないよう気をつけながら、その時その時を何とか凌いできたというのが正直な所です。しかしながら、保森、小金井の両支部長の任期を挟みながらも、今回で私も4回目の就任となり、任期では篠原道正先生と肩を並べるまでに至りました。そういう意味では既にベテランと言ってよい身分ではありますが、いかんせん未だ支部に対して充分な貢献を果たせたとは言えないかと存じます。
   来年には支部設立50周年を迎え、記念事業も開催いたします。小金井前支部長が着手された運営体制の見直し作業も道半ばです。これら諸々の課題に対して全力を尽くし、甚だ微力ではありますが支部長としての使命を全うしたいと考えております。支部会員の皆様方におかれましても、是非お力をお貸しいただきますよう、お願い申し上げる次第です。

中国・四国支部長 西名 大作

現在、当学会では、本学会の目的に賛同し、その事業を援助していただく企業、団体等を募集いたしております。
また当ホームページでは、中国・四国地方に所在する賛助会員様のPR、製品紹介等の記事を無料で掲載いたします。
掲載を希望される方は遠慮なく支部事務局(info@chu-shi.shasej.org)へお問合せください。

Copyright(c)2002 SHASE. 無断転載を禁じます。