空気調和衛生工学会 中国四国支部
 このホームページは公益社団法人 空気調和・衛生工学会 中国・四国支部会員の技術向上、交流および一般の方への情報公開、会員募集を目的としたものです。大勢の方がご覧になり参加していただき、中国・四国地区における空気調和衛生工学の活性化につながれば幸いです。
大事なお知らせ
昨年11月に予定しておりました中国・四国支部の創立50周年記念事業については、当該実行委員会において慎重に協議を重ねました結果、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、本年秋に延期させていただくこととなりました。
また、空気調和・衛生工学会では、建物管理者や利用者に向けた感染リスク低減のための見解等、「換気」に関する情報提供を中心に、空気調和・衛生工学会分野の専門家からの見解などをホームページで公開しております。
● COVID-19 空気調和・衛生工学会の取組
引き続き、「換気」に対する正しい理解と設備の適切な運用の参考にお役立てください。
2021年6月
中国・四国支部長  坂本 和彦

温井ダム(広島)
温井ダム(広島)
topics  
      
催し物・スケジュール 21/11/17  NEW
合格体験記 21/10/1  NEW
会員・賛助会員の紹介 21/10/1  NEW
見学会・セミナー等報告 21/7/19  NEW
研究室紹介 21/7/19  NEW
中国・四国支部案内 21/7/1
支部報告会 21/7/1
賛助会員コーナー 21/7/1
賛助会員リスト 21/7/1
地域の交流 21/7/1
スチューデントフォーラム 21/1/5

中国・四国支部長就任にあたってのご挨拶
中国・四国支部長 坂本 和彦

 このたび、西名前支部長の後任として中国・四国支部長を拝命いたしました岡山理科大学の坂本です。どうぞよろしくお願いいたします。昨年は支部設立50周年の記念すべき年でしたが、コロナ禍により、記念誌は発行いたしましたが記念事業はできず仕舞いでした。本年の秋に、改めて50周年記念事業を行う予定にしています。

 空気調和・衛生分野を巡る昨今の社会情勢をみてみますと、主なものでも、

・衛生的・快適な室内環境に加えて、熱中症やパンデミックなどの危険性排除に対する環境制御への期待

・豪雨や大地震など激甚災害に対する強靭性やBCPに対する方策

・地球温暖化対策としてカーボンニュートラルに向けたZEB等のさらなる推進

・DX(デジタルトランスフォーメーション)による、施工現場の自動化や建築設備のIOT化の進化

など、今までにないスピードでの変革が予測されています。空気調和・衛生工学会は、産業界と学術界のバランスが大変良くとれている学会で、これらの喫緊の課題に対し、社会に解決策を提供すべく、学会活動を盛り上げてまいりたいと存じます。

 私は40年ほど前からゼネコンの設備設計として広島で活動しておりましたが支部活動にはほとんど参加しておらず、歴代支部長の方々をはじめ支部の皆さまのお役に立ててこなかったことを顧み、数年前より現職に就いたことから支部長の大任を務めさせていただくことになりました。甚だ微力ではありますが、中国・四国支部のますますの発展のため、一層の努力をさせていただく所存ですので、支部会員の皆様方におかれましても、是非お力添えをいただきますよう、どうぞよろしくお願い申し上げます。

2021年6月吉日
中国・四国支部長 坂本 和彦

現在、当学会では、本学会の目的に賛同し、その事業を援助していただく企業、団体等を募集いたしております。
また当ホームページでは、中国・四国地方に所在する賛助会員様のPR、製品紹介等の記事を無料で掲載いたします。
掲載を希望される方は遠慮なく支部事務局(info@chu-shi.shasej.org)へお問合せください。

Copyright(c)2002 SHASE. 無断転載を禁じます。