催し物・スケジュール
■ 技術セミナー「BIMによる建築情報の展望と課題」(広島)
 

中国・四国支部の今年度の技術セミナーは、新技術の紹介としてBIMに関するテーマで開催いたします。

近年BIMを中心に建築の情報化が進んでおり、これまで、図面や仕様書、様々なコミュニケーションの中でバラバラに扱われていた建築の情報が、デジタルの力によって集約され、多様な場面で活用できる時代になりつつあります。BIMの一番のメリットは、3次元モデルから図面を書く等、3次元で設計することですが、今後はBIMの中の多彩な情報の残し方や活かし方に注目が集まり、建築情報のさらなる発展が見込まれます。

(第1部)では、「設計じゃないBIM」の話を中心に、今後の建築情報の展望について広島工業大学の杉田 宗准教授にお話しいただきます。

続いて(第2部)では、新菱冷熱工業梶@酒本 晋太郎様より、同社中央研究所(現「イノベーションハブ」)の再構築プロジェクトにBIMを導入し、国土交通省のBIMモデル事業として実施したBIMの効果検証・分析結果とともに、BIM導入に向けた課題についてご講演いただきます。

今回のセミナーに関しては、対面形式に加え、ZoomによるWEB配信を行いリモート参加も可能としていますので、この機会に是非ご聴講ください。

 
(第1部)
「BIMによって注目される建築情報」
 講師/杉田 宗(広島工業大学 環境学部 建築デザイン学科 准教授)
 
(第2部)
「BIM活用に向けた課題〜国交省BIMモデル事業を通して(仮)」
 講師/酒本 晋太郎
   (新菱冷熱工業梶@デジタルトランスフォーメーション推進本部
    デジタル推進企画部BIM課 課長)
主   催
(予定)
公益社団法人 空気調和・衛生工学会 中国・四国支部
一般社団法人 建築設備技術者協会 中国・四国支部
一般社団法人 広島県管工事業協会
一般社団法人 広島県設備設計事務所協会
日   時 令和6年3月14日(木)13:30〜16:00
会   場 RCC文化センター 6階 601会議室 又はリモート
(広島市中区橋本町5-11)
定   員 対面60名、WEB60名(先着順)
参加費 会員1,000円、非会員2,000円、学生無料
申込受付期間 令和6年2月1日(木)〜2月29日(木)
申込方法 空気調和・衛生工学会「Web申込みシステム」よりお申込みください。
〔対面参加〕→コチラ
〔WEB参加〕→コチラ
申込先・
問合せ先
公益社団法人 空気調和・衛生工学会 中国・四国支部
〒730-0051 広島市中区大手町三丁目8-22 広島管工事会館内
電話(082)244-1770 FAX(082)241-4735
E-mail:chu-shi@m8.dion.ne.jp
建築設備士CPD (申請中)